住宅ローン借り換えにかかる費用や金利を徹底検証

今までの住宅ローンは銀行員の薦められるままに契約していないでしょうか?これから長ければ何十年と支払うことになる住宅ローンですから、少しでも金利が安くなると総支払額で結構お得になります。

今現在組んでいる住宅ローンを借り換えて、また新たに組み直せば、返済総額を大幅に削減できるかもしれないのです。今までに無い低金利という時代の恩恵も受けて少しでも返済額の減額を目指してみてはいかがでしょうか?

今人気の住宅ローン借り換えランキングベスト3

現在住宅ローン借り換えをする際に人気のある金融機関をランキングでお届け。

イオン銀行・住宅ローンの特長はココだ!
他社にはない借り換えの優良プランで金利内容が優れているイオン銀行の住宅ローン。保証料は0円、一部繰上返済手数料0円、特定の病気にかかってしまった場合でもローンが無料、といった3つの0円サービスでも好評です!
おすすめ度 金利 融資手数料 保証料 来店
10年0.79% - 無料 不要
住信SBIネット銀行・住宅ローンの特長はココだ!
住信SBIネット銀行が人気の理由は、低金利の上に、団信・8疾病保障まで付いている点。さらに固定金利と変動金利に悩む方のためにミックス金利という独自のプランを提供。固定金利3割+変動金利7割といったように状況に応じたローンを組むことが可能です。
おすすめ度 金利 融資手数料 保証料 来店
年0.497% 融資額×2%+消費税額(地方消費税額を含む) 無料 不要

>> 人気ランキングを全部見る

住宅ローンの金利の傾向

マイホームを夢見る人にとって、住宅ローンの問題は避けては通れませんよね。
住宅ローンを組んでマイホームを購入する場合と一括で購入する場合とでは本当に大きな金額の差がでますから、誰もができることなら住宅ローンなど利用したくはないと考えていますが、やはり平均的なサラリーマンの収入では一括で購入することは困難ですから、ほとんどの場合が住宅ローンを組んで購入することになります。

ですが、最近は住宅ローンの状況が、あまりよくない方向へ急速に変わってきているようなのです。

このままの状況での変化が続いていきますと、住宅ローンを組むことが簡単ではなくなる可能性があるとも言われているんです。

まず、住宅ローンを組む上で誰もが一番気にしているのは金利ではないでしょうか。それもそのはず、100万程度の借金をするのとは違い、ほんの少しの金利の差で何百万と差がついてしまうのですから・・
そして最近の住宅ローンの変化というのが、その金利が上昇傾向にあるという事なんです。

なので、できるだけ下がるまでマイホームの購入は待とうと思う人が多いですが、そうは言っても上昇傾向にあるので、下がるどころか上がる一方かもしれないのです。

なので、これ以上上がる前に今のうちに住宅ローンを組むようにしたほうがいいという意見もありますが、本当に判断が難しいところですよね。