借り換えをする時にかかる諸費用を紹介

住宅ローンを新規に借り入れをした時に諸費用がかかったのと同様、借り換えをする時にも同様に費用がかかってきます。借り換えをする金融機関によって、諸費用の額が変わってきます。

決まっているものとしては契約書貼付印紙税、借入額500万円超1000万円以下は1万円、借入額1000万円超5000万円以下は2万円、借入額5000万円超1億円以下は6万円です。

抵当権設定費用、登録免許税は借入額の0,1%プラス登記にあたっての司法書士報酬が別途かかります。抵当権抹消登記費用、不動産1個につき1000円、司法書士手数料として抵当権抹消手数料1件につき1~2万円かかってきます。新規に借り入れをした時は抵当権設定費用だけで済みましたが、借り換えとなりますと、現在の登録した抵当権を抹消するという手続きが増えてきます。

借り換えの時の方が新規に借り入れをした時より、諸費用が高くつく場合もありますので、それも踏まえたうえで借り換えをした方がメリットがあるかを検討しなくてはいけません。保証料は銀行によって変わってきます。

そもそも保証料とは、借入金額に対する保証金のことで、保証会社に支払われます。よって借入額によって高くなります。またネット銀行では保証料0円という所もありますが、地銀や都銀などはまだ保証料がかかってきます。

保証料がかかる場合のだいたいの相場ですが、例えば1000万円につき一括前払いの35年で約30万円程度、分割払いで金利に保証料を上乗せする場合はだいたい0.2%から0.4%が金利にプラスされます。銀行別にご紹介しますと、下記の通りになります。

/契原箙圓両豺隋∧歉變腺葦漾繰上げ返済手数料0円、団体信用保険料0円、融資手数料0円となっています。
⊇賛SBIネット銀行の場合、保証料0円、繰上げ返済手数料0円、団体信用保険料0円、8疾病保証も0円、融資手数料が融資額の2%となっています。
ソニー銀行の場合、保証料0円、繰上げ返済手数料0円、団体信用保険料0円、融資手数料が融資額の2,1%となっています。こ敕袈箙圓両豺隋∧歉變腺葦漾繰上げ返済手数料0円、団体信用保険料0円、融資手数料は楽天銀行を返済口座にした場合は1.05%となっています。

イオン銀行・住宅ローンの特長はココだ!
他社にはない借り換えの優良プランで金利内容が優れているイオン銀行の住宅ローン。保証料は0円、一部繰上返済手数料0円、特定の病気にかかってしまった場合でもローンが無料、といった3つの0円サービスでも好評です!
おすすめ度 金利 融資手数料 保証料 来店
10年0.59% - 無料 不要

>> 人気ランキングをすべて見る