金融機関との交渉で金利は下がるのか?

ズバリ下がります!わた我が家の実際に経験した事をご紹介させて頂きます。借入当初3150万円、35年ローン、5年固定金利1.4%、月々の返済額が94000円弱でした。昨年の6月に5年固定金利の期間が終了するという事で銀行さんよりご連絡を頂きました。このまま手続きをしなければ変動金利になってしまうとの事でした。

その時は丁度、東日本大震災の3ヶ月後で、消費税増税の話も出ていた頃でしたので、景気が急激によくなることなんてないだろうと予想し、変動金利でいこうかと思っていたのですが、その変動金利が5年固定金利の1.4%より高かった為、結局はまた5年固定ないしは3年固定等の手続きをしなくてはいけない状況に…次にまた5年固定金利にしたとしても、その金利が2.0%と借入当初より高くなっていました。

それが特約期間固定金利の落とし穴かもしれません。借入当初の固定金利は銀行によっても金利は変わってきますが、たいがいの銀行は低く設定してあります。特約固定金利の期間が終わると金利が上がってしまうというものがほとんどですね。それでネット銀行での借り換えを検討しました。

当時の銀行さんに電話でのやりとりの時に、今のままの金利でどうにかならないか聞いてみたところ、それはできないような事を言っていましたが、ネット銀行に仮審査の申込をしたことを銀行に伝えると、慌てて自宅まで銀行員が来ました。

どういうものを検討しているのかを、ネット銀行の資料をみせ、金利差でどれだけのメリットが出るのかも一目両全の書類を見せたところ、銀行側は「こちらも精一杯がんばらせてもらうのでチャンスを下さい」と検討してくれるようになりました。電話では金利は下げられないと言っていましたが、ここまですれば考えてもらえるもんなんですね。ネット銀行の仮審査は通りました。

その旨を銀行に伝えると、銀行は本格的に交渉してきてくれましたね。当時ネット銀行での借り換えを希望する方が多かったせいもあり、本審査に3週間から1ヶ月かかると聞いていました。

その間、現借入先との交渉を進め、結局当初と同じ、また5年固定の1.4%という金利を提案してきました。結局ネット銀行は本審査に通らず、現銀行でそのまま借入させて頂いております。申し訳ないですが、銀行さんには本審査は通らなかったなんて言える訳も無く、一生懸命がんばって下げてくれたからと言う理由でそのままお付き合いさせてもらっています。

ですが本当に親身になって下さり助かっています。この辺はネット銀行とは違い対面での商品となりますので、融通が利くのかなと思っております。でもまた4年後の固定金利終了時にはまた、金利の安い所での借り換えを検討する予定です。

イオン銀行・住宅ローンの特長はココだ!
他社にはない借り換えの優良プランで金利内容が優れているイオン銀行の住宅ローン。保証料は0円、一部繰上返済手数料0円、特定の病気にかかってしまった場合でもローンが無料、といった3つの0円サービスでも好評です!
おすすめ度 金利 融資手数料 保証料 来店
10年0.59% - 無料 不要

>> 人気ランキングをすべて見る