借り換えの手順とその方法

まずは住宅ローンを借り換える銀行を選ぶ事から始めなくてはいけません。借り換えのポイント、どこを重要視するかにもよりますが、金利の安い所、事務手数料の安い所、保証料が安い所、もしくは0円の所、色々と重視することはあると思います。自分の希望に合う銀行を選びます。次に銀行が決まれば、仮審査の申請をします。

仮審査が通れば本審査の申請をします。それぞれ記入する書類があります。銀行へ出向いて行かなければいけない所と、自宅まで来てくれる場合と、銀行さんによって異なります。

また、ネット銀行など(住信SBIネット銀行、ソニー銀行、イオン銀行、楽天銀行、新生銀行)は、仮審査や本審査をインターネットや郵送や電話だけでも出来ます。銀行の店舗へ行く時間がない方には最適です。その分、銀行に比べると審査が厳しいと言われています。

本審査が通れば、現在の住宅ローンを組んでいる銀行に一括返済の申請をしてから、審査が通った銀行で申込の手続きを進めます。この辺の手続きも銀行さんによっても異なってくると思いますが、銀行の指示の元、必要な書類等を準備していきます。

手続きが完了したら融資の実行や、登記簿の登録(抵当権の移行)が行われ借り換えが完了となります。融資の実行日に同時進行で、たいがいは銀行指定の司法書士さんが抵当権の移行をしてくれます。自分で探さなくても大丈夫ですのでご安心ください。

必ずしも銀行指定の司法書士さんを使う必要もありませんので、知人や親類に司法書士さんがいる場合は、銀行にその旨を伝えれば大丈夫です。

イオン銀行・住宅ローンの特長はココだ!
他社にはない借り換えの優良プランで金利内容が優れているイオン銀行の住宅ローン。保証料は0円、一部繰上返済手数料0円、特定の病気にかかってしまった場合でもローンが無料、といった3つの0円サービスでも好評です!
おすすめ度 金利 融資手数料 保証料 来店
10年0.59% - 無料 不要

>> 人気ランキングをすべて見る