どのタイミングで借り換えを行うのがベスト?

一般的に多いのが、固定金利期間が終わりそうな時期ではないでしょうか?私もその時期に借り換えを検討しました。あらゆる地銀やネット銀行をくまなく調べました。固定金利期間が終了するまでに今後の手続きをしないと、自動的に変動金利が適用されてしまいます。

今は超低金利時代ですから、変動金利でもよいのではないかと考えていました。丁度その頃は震災が起きた直後でしたし、消費税も増税するといっていた頃でしたので、金利は当面の間は上がらないのではという思いもありました。でも変動金利にするのはやはり不安だったので、結局また5年間の固定金利を選択しました。

あとは、公庫で借り入れをしていてそろそろ金利が変わるとうタイミングもいいかと思います。公庫で借り入れされた方のほとんどが、金利が段階的に分かれているものでした。

当初10年間ぐらいは低金利であったものが、11年目からはだいたい4%台や中にはもっと高金利になるという方もいらっしゃるのではないかと思います。ですから公庫の金利の変わる時期に、あまりに返済額が高額になってしまい返済不能となり、なくなく自宅を売却しなければいけなくなってしまう方もいらしたのではないでしょうか…よく不動産の中古物件で10年落ちの住宅を目にしますが、そういう事情でという方が少なくないかと思います。

こういう場合、売却を考える前に借り換えを検討し、審査が通り借り入れが可能なのであれば、売却をせずに借り換えした方がよいと私は思います。せっかく手に入れた念願のマイホームを手放すなんて悲しいですよね。

今悩んでいる方はぜひ一度、地元の地銀に足を運んで相談されるのも手ですね。案外地元の地銀さんの方が都市銀行よりも金利が低く、行員さんの腰も低く親身になって下さいます。ちなみに私は某地銀で借り入れしています。

固定期間終了間際にこちらがネット銀行の変動金利に借り換えを検討していたんですが、その事を地銀さんに言うと、提案していた当初の金利よりも、かなり低い金利にしてくれました。

ネット銀行の金利まで低くはんりませんでしたが、そのがんばりに結局は借り換えしない方向になり、今も当初からの地銀さんでお世話になっております。

イオン銀行・住宅ローンの特長はココだ!
他社にはない借り換えの優良プランで金利内容が優れているイオン銀行の住宅ローン。保証料は0円、一部繰上返済手数料0円、特定の病気にかかってしまった場合でもローンが無料、といった3つの0円サービスでも好評です!
おすすめ度 金利 融資手数料 保証料 来店
10年0.59% - 無料 不要

>> 人気ランキングをすべて見る