りそな銀行住宅ローンはメガバンクよりもお得で安心

コスト面を考えるととてもお得な住宅ローン。
まず大きな特徴は金利の低さです。りそな銀行は都市銀行ですが他の都市銀行と比べると金利は低く設定されています。さすがにネット銀行と比べると未だ高めですが、Web限定プランなどの借り換えローンではネット銀行と同等の金利の商品も用意されています。
そして選択肢の多さも特徴の一つです。目的に合わせて色々な商品が準備されていて自分に合った商品を選ぶことができます。例えばミックスローンなどでは同じ銀行で違うローンを選ぶことになるので、商品の多さはメリットになります。

目的に合わせて特典も細かく分かれています。例えば返済支援保険が無料で付いてくる女性向け住宅ローン、日照保障が無料で付いてくる日照補償付住宅ローンなどで、これもメリットの一つです。

以前から気さくな銀行として庶民の方々から愛されてきた銀行ですが、金利はネット銀行並でありながら、都市銀行としての信頼度も併せ持つ銀行として、住宅ローンに不安を持つ人々の味方になってくれそうです。

※日照補償付住宅ローン「晴れたらいいね」、女性向け住宅ローン「凛next」は住宅ローン新規申込対象サービスです。

条件に合わせてさまざまな住宅ローンを選ぶことができる

りそな銀行では、オーソドックスな住宅ローンはもちろん、それ以外にも顧客の条件に合わせて、固定金利と変動金利を組み合わせられる「金利ミックスタイプ」や、太陽光発電システムを利用している住宅には3年間の日照補償が付いている「晴れたらいいね」、そして女性向けにさまざまな特典を用意した「女性向け住宅ローン」など、バラエティ豊かな商品が取り揃えられています。

また、火災や病気、怪我といったアクシデントで住宅ローンが支払えなくなる不安を取り除くために、『住宅ローン専用火災保険』や『住宅ローン返済支援保険』も用意されています。
『住宅ローン専用火災保険』は、フラット35を利用している方でも利用することができ、最大で20%の金融機関団体割引が適用されるので、とてもお得です。

余計なコストがかからない

住宅ローンには金利のほかにも、事務手数料や保証料など、さまざまな経費がコストとしてかかってきます。
ただでさえ返済がいっぱいいっぱいだと、この負担も楽なものではありません。
しかし、りそな銀行では団体信用生命保険料が不要だったり、インターネットで一部繰上返済を行えば手数料が無料になるなど、顧客の負担を軽くするためのサービスがさまざまに用意されています。

また、3大疾病保障特約、特定状態保障特約を付けることで、決められた病気や怪我、あるいは要介護状態になるといったリスクに対し、ローン残高0円という保障を受けることもできます。
コストをできるだけ軽くして、さらにリスクにも備えられるということで、りそな銀行の住宅ローンは多くの方に利用されているのです。

返済でマイナスになるだけじゃない

住宅ローンというと、基本的には借金なので、ただこちらが支払うだけといったイメージがほとんどだと思います。
しかし、りそなの住宅ローンには、「りそなマイホーム マイバンク プラン」にエントリーすることで、10,000ポイントをもらうことができるという嬉しい特典が用意されています。

ポイントはパートナー企業のポイントや電子マネーに交換することができるので、これによって事実上ローンのコストを減らすことができるわけです。
借入時だけではなく、その後も毎月末の残高に応じて、100万円につき5ポイントをもらうこともできます。

■りそな銀行住宅ローンのおすすめポイント
・メガバンクにくらべて当初固定金利や変動金利が安い
・ネット銀行と変わらない低金利で保証料無料の借り換え専用ローンがある
・顧客の条件に合わせてさまざまな特徴的な商品を選ぶことができる
・住宅ローンを利用していると教育ローンやリフォームローンの金利が安くなる
・返済支援保険が付いた女性専用ローンがある
・3年間の日照補償サービスが付いた太陽光発電システム専用ローンがある
・固定金利と変動金利を組み合わせたミックスタイプも利用できる
・電子マネーにも交換できるポイントがプレゼントされる

■りそな銀行住宅ローンのマイナス点
・ネットバンクにくらべると当初固定金利や変動金利がやや高い
・新規借入に0.2%の保証料が必要なのはメガバンクと変わらない

■こんな人にはりそな銀行の住宅ローンがおすすめ
・借り換え専用ローンを利用したい
・金利以外のコストを減らしたい
・安い金利でもネットバンクでは不安
・女性で住宅ローンを考えている
・太陽光発電システムを利用したい
・ミックスローンを利用したい

りそな銀行の住宅ローンを私なりの採点方法で評価してみました

他の都市銀行と比較して金利が低いのが魅力!!
まず大きな特徴は金利の低さです。りそな銀行は都市銀行ですが他の都市銀行と比べると金利は低く設定されています。さすがにネット銀行と比べると未だ高めですが、Web限定プランなどの借り換えローンではネット銀行と同等の金利の商品も用意されています。
そして選択肢の多さも特徴の一つです。目的に合わせて色々な商品が準備されていて自分に合った商品を選ぶことができます。例えばミックスローンなどでは同じ銀行で違うローンを選ぶことになるので、商品の多さはメリットになります。

目的に合わせて特典も細かく分かれています。例えば返済支援保険が無料で付いてくる女性向け住宅ローン、日照保障が無料で付いてくる日照補償付住宅ローンなどで、これもメリットの一つです。

以前から気さくな銀行として庶民の方々から愛されてきた銀行ですが、金利はネット銀行並でありながら、都市銀行としての信頼度も併せ持つ銀行として、住宅ローンに不安を持つ人々の味方になってくれそうです。

・保証料
保証料金利上乗せ型ではそれぞれの金利に対して0.2%が上乗せされます。「りそな借りかえローン」(Web申込限定プラン)では保証料は0円ですが手数料として32,400円(税込)に加え別途融資手数料がお借入れ金額の2.16%(税込)かかります。
・事務手数料
住宅ローン事務手数料は32,400円(消費税等込み)ですが「りそな借りかえローン」(Web申込限定プラン)では融資手数料として別途お借入れ金額の2.16%(税込)かかります。

・繰り上げ返済手数料
一部繰り上げ 無料
全額繰り上げ 
変動金利型 10,800円
固定金利型 32,400円となっています。
※インターネットご利用の場合です。マイゲートへの加入が必要になります。
※全額繰り上げはインターネットでは取り扱いできません。
※詳しくはホームページで確認してください。

・インターネットでの金利タイプ変更手数料
インターネットでは固定金利特約期間の変更が無料でできますが、それ以外の変更はできません。

りそな銀行選んでお得な住宅ローンの数々

◆自分らしく生きる女性を応援する住宅ローン「凛 next」
「ローン返済支援保険」が無料で付いています。
もしも怪我や病気で仕事ができなくなったとき、30日間を越えると最長で3年間の支援保険が住宅ローンの返済額とほぼ同額支払われます。
加えて、3大疾病保障特約に0.15%の金利上乗せで加入することができます。通常の加入には0.3%の金利上乗せが必要ですから、「凛 next」の大きなメリットです。
このように単身女性の方が抱えている、突然の怪我や病気で働けなくなった時の不安や、乳がんなどの女性特有の病気へのリスクを少しでも少なくできるような商品を提供しているのです。

◆日照補償付住宅ローン「晴れたらいいね」
こちらの「晴れたらいいね」は日照時間を補償します。対象は太陽光発電システムを設置する住宅の購入で3年間の日照補償が無料で付いてくる住宅ローンです。

補償内容は1年間の日照時間の実績となりますが、購入する住宅の地域により基準日照時間を設定、その時間を下回ると1時間当たり100円を補償する仕組みになっています。

ある程度高額な太陽光発電を設置する人は発電による回収も計算に入れていますが、予定通りの日照時間がないと回収計画が狂ってきます。その狂いを補償しようというものですが、住宅ローンを借りるとき、住宅購入代金に太陽光発電システムの設置費用を上乗せして申し込むことができるので、2重にうれしい住宅ローンになっています。

住宅ローン契約時の特約保障

・団体信用生命保険(団信)
銀行負担による無料付帯です。

・疾病保障
特定状態保障特約付住宅ローン「団信革命」という名称で借入金利に年0.30%加算すれば特約に加入できます。3大疾病と16の特定状態、要介護状態のときに保障が実行され住宅ローン残高が0円になります。

・介護保障
特定状態保障特約付住宅ローン「団信革命」という名称で借入金利に年0.30%加算すれば特約に加入できます。3大疾病と16の特定状態、要介護状態のときに保障が実行され住宅ローン残高が0円になります。

りそな銀行住宅ローンの審査は甘い?借りた人からの口コミと評判

りそな銀行の口コミの中から審査に関する内容を纏めてみました。実体験ではありませんが口コミを元にしていますので、目を通してみてください。

・事前審査
インターネットで必要項目を記載してもらい申し込み条件を満たしているかいないかを機械的に判断するための審査です。

・本審査
事前審査に通れば本審査に進みます。口コミを見てみると比較的年収の少ない方でも審査に通っている方が多いように見受けられます。りそな銀行は庶民の銀行といわれていますが、口コミからもそれがうかがえる内容でした。他の都市銀行やネット銀行で断られた方でも申し込んでみる価値はありそうです。

・審査期間
りそな銀行の審査期間は1ヶ月から2ヶ月は掛っているようです。書類提出などに時間をかけるとその分遅くなるようです。急ぐ方は必要書類の準備など早めの対応を心がけましょう。

ローンプラザで専門家のアドバイスを

各金融機関で住宅ローンを扱っていますが、借り入れ内容や返済条件など各金融機関毎のそれぞれの商品によりかなりの違いがあります。自分の現状に即した借り入れで、無理のない返済を行いたいと思いながらもどの商品を選べばいいか迷う人も多いはずです。りそな銀行ローンプラザでは専門家による相談を受け付けています。

ローンプラザは土日も営業していますので、仕事が休みのとき家族ぐるみで足を運ぶことができます。

また、インターネットで予約ができるローンプラザもあります。予約をしておけば待たされることなく相談をすることができ、有意義なひと時を過ごせるのではないでしょうか。

固定期間 5〜35年
借入可能額 50万円以上1億円以内
繰上返済手数料 ・一部繰上返済の場合…5,400円(消費税等込)
・全額繰上返済の場合は、借入日からの経過期間に応じて下記手数料がかかります。
▼経過期間
 3年以内:3,240円
 5年以内:2,160円
 7年以内:1,080円
 7年超:無料

ただし、固定金利特約期間中の繰上返済については、上記によらず下記の手数料体系になります。
・繰上返済元本1,000万円未満の場合…32,400円(消費税等込)
・繰上返済元本1,000万円以上の場合…54,000円(消費税等込)
保証料 ・保証会社を利用する際には、事務取扱手数料32,400円(消費税等込)と保証料を保証会社に支払うことになります。
・保証料の支払方法には一括前払い型と金利上乗せ型があります。
事務手数料 融資金額の1.365%
※スマイルプログラム適用の場合、融資額×1.08%
備考 団体信用保険料別